新潟の小さな外構店が本気で目指す日本一の仕事!第192庭 丘テラス~石割り~

子供時代、パン屋で買ってもらえる甘いコーヒー牛乳が楽しみだった。昭和のコーヒーといえば大人も砂糖やミルクを入れていた印象がある。数十年も前の話なので定かでないのだが。
たまに立ち寄るコンビニでコーヒーマシンを利用している方をよく見かける。最近は老若男女、ブラックコーヒーを好む方が多い。とてもニガいのだがコクと言えば良いのだろうか慣れてくると奥深い風味が良いらしい。当方は名慣らし運転中だ。
そんなコーヒーだが自宅ではどのように楽しんでいられるか。インスタント派、それともドリップ派。必ず豆から挽くこだわりの方もおられるだろう。令和の今、自ら豆の採取に行く方がいても不思議は無いのかもしれない。
671b7f54fb46f72ce9cafde0bd672af410

fcfadf5801d72c2e6297b2032e1915742

今回の現場は庭のリフォーム、昨今ではリガーデンなどと言う。
左上画像⇑現状、手前側から駐車場、芝、砂利敷き。主目的は既存砂利スペースに丘テラスの建設と目隠しとなる。
5339458ffc00201dbde7ca5c3dbdfe72

b95ba0e1c7c2919abb49110087c44a98

画像左上⇑、芝の奥側を一段盛り上げ丘状にした所にアルミ製のガーデンフレーム、パーゴラを立ち上げている。床を石畳風に敷き詰め、テラスを中心にその他の庭づくりが進んでいる。
次の工程は・・といつもなら現場での庭づくりが続くのだが今回は少し趣向を変えてみたい。
こだわりの豆探し。いや、素材探しである。この庭で使う庭石を一般的な石材店で購入せず、とある山で求めた。
画像右上⇗国内でも様々な石があるが新潟県産、県境にある山奥の採石場。ゴロゴロ転がっているこちらで物色。しかし、何か、少し、違う気が。
d1e373234914ba757065755da176e0f8

f0ae8bd8ea333fccee44108a069fb48c

予定外だったのは採石所にある石のサイズ。色々見て回ったのだが予想よりも大きい物ばかり。これでは今回の現場のイメージと違ってしまう。
しかし、何とかするしかない。
そこで大サイズの物を積み込むが現場に向かわず、当店の置き場で石を割って手ごろなサイズにする事に。

0ffb934c76e6356d7754cbefb6663a2a

965388d0e1fcfc6e99438167c17bd7df

戦国時代、城郭の石垣に用いる為の石切り場は今でも当時の姿が残っている場所もあるらしい。もちろん実物では無くネット画像で見たのだが、巨岩の様な石が真っ二つになった姿や割る為に掘った矢穴だけ残っている物などが見られた。
当時と違い現代では様々な機械があり、大型の機械で切断というやり方もあるだろう。しかし、今でも原理は当時に近い手法がある。石の硬さは今も昔も変わらない、硬い石にも目と呼ばれる筋があり、そこに矢穴(溝)を掘って矢(▼状の鉄工具)をあてがい玄翁(ハンマー)で叩いて筋目で割るやり方だ。言葉では石切りだが実際は割る。日本語の美しさ、妙と言うべきなのだろうが浅学の身には飲み込むまで、いささか時がかかって候ふ。
左上画像⇑石の筋目にマーキング。
右上画像⇗切り取りたい位置の目に沿ってドリルで矢穴を掘る、当時はノミで掘っていた。
664d6d80f035745aa804d8350ce6a9b5

a808439b786881e37422e23102b42bb4

硬い石にせっせと掘った穴だがドリルの粉で大半が埋まっている。詰まった粉を送風機で排出後、金属製のセリ矢(くさび)を穴に差し込む。
36528e9e92989476d06309508d14149a

fee395aa8ba5a7fa339a76c7968d3173

セリ矢をハンマーで順に叩き、くさび状の矢が少しづつ喰い込む。打撃音が少しづつ変化すると共に亀裂が入る。
鉄梃を差し込み切り口を拡げセリ矢を回収。

3f56bc5266dabf59f984937830911cd7

4fcc8fda690db30388f147532bd4d15c
画像右上⇗その他の石も同様に石切り。
割れた瞬間はやはり嬉しい。何人もで行う昔の石切り場では比べ物にならない活気があったのかもしれない。

d56ae3d8e21d640e5e785fe7439b41d1
424e636c067a41a96d5431d0eaad82ed
積み込みを行い、これにて完了。
次回、割った庭石を配置して丘テラスの仕上げを行う。

越後職人が手がけた これまでの仕事が掲載、履歴一覧はこちら

【越後職人宅の庭づくりをスライドショーで紹介】