ラーバンテックの特長

ラーバンテックのこだわり

庭
私達は「良い庭づくり」にあたって 「自社職人による自社施工」にこだわっています。 ラーバンテックは小さな会社ですが、大事なお庭を人に任せず 設計から完成まで自分たちの手で造り、自信を持ってお客様にお渡ししたいのです。

自社施工を行うという事は、自社に専属の職人がいるという事を意味します。

もし、会社に専属の職人がいない場合はどうなるか?それは「工事業者」に工事を依頼する事になります。

住宅メーカーやリフォーム専門店のほとんどは自社施工を行わず下請け業者に工事を依頼します。
庭2
理由はシンプルで工事部を常設するとコストがかかるからです。その中の一つに外工事は気温、天候の影響を受けるので工場作業と違い生産効率は不安定で収支に影響を受けやすい一面があります。コストのかかる工事は外注し安定した結果を求める手法です。
工事業者が依頼された仕事は成功報酬が最初の段階で決まっており、残念ながら職人がどんなに良い仕事をしても変動はありません。つまり職人を取り巻く環境がそれなりの仕事を効率よくこなす事を要求するのです。その状況下で高水準の仕事、ましてやこだわりの仕上げを行うのは簡単な事ではありません。

自社職人には一つ際立ったメリットがあります。それは自社の仕事なのでこだわりの仕上げや細かな作業でも手間を惜しまず意欲的に行える事です。出来の良い仕事は自社全体にやる気をもたらし職人に更なる技術の向上を求めます。それは安易な事ではありませんがつくり上げたものが人様の役に立ち、喜んで頂ける事に何も感じない職人はいません。自身の成長、励みに繋がっていきます。

「自社職人による自社施工」には理由がある。そして、デザイン・設計から工事までの一貫システム、 良い物を造って行く事を追求している考え方がある。 という事を知って頂きたいのです。

※自社施工を心掛けておりますが、お待たせする時間・仕上がり・コストを考えお客様にとって良いと判断した場合、当店から巣立った職人、又は信頼できるパートナーに工事の一部を依頼する事がございますがラーバンテック全責任の許、作業を行いますので万事ご安心して頂きたいと思います。

自社施工によってお届け出来る 三つの魅力

デザイン
ラーバンテックでは自社職人だからこそプランナーと職人が毎日顔を合わせるので確かな信頼関係もあり 良い庭を創るという同じ志を持ち、確かな技術力でプランナーも安心して、楽しく、自由な発想、オリジナリティ溢れるデザインが出来ます。

構造
ラーバンテックでは朝晩2回の打合せと随時、進捗状況から問題点気づいた点など細部にわたり確認し、状況に合わせた確かな構造へと臨機応変に対応します。また職人と有資格者が自社施工の責任を持ちしっかりとした構造で物造りをしています。

仕上がり
いくら素晴らしいデザインでも、そのデザインを実際に細部まで構造と同じく丁寧に創り上げなければ意味を成しません。 良いデザインが価値を左右するのは当然ですが、実物の仕上がりを実現させるのはプランナーと共感する職人の心です。

ラーバンテックとは

ラーバンテック
当ホームページにお越しいただきまして有難うございます。 ラーバンテックは昭和57年創業の株式会社三和住研が運営する平成15年6月にスタートした提案型の一般ユーザー向け外構&エクステリア&ガーデン専門店です。

直訳すれば「都市と農村の中間地帯。田園的という意味のルーラル(LURAL/英:田舎や田園の意)と、都市的という意味のアーバン(URVAN/英:都市や都会の意)からの合成語でRURBAN/英(ラーバン)」。
暮らしやすい都市の魅力と、自然の豊かさを共に享受できる新しい地域社会づくりを目指す言葉として用いられます。
ラーバンテックは、この新潟をほかの街から憧れるような素敵な街にしたい、そんな地域社会を目指す為のテクニック(テック、技術)を磨き、地域に貢献して行きたいという意味が込められています。専門知識がある私達が直接お客様と対話して喜んで貰える空間を提案し、より確かな物を創りたいと思いラーバンテックは生まれました。
ラーバンテックのコンセプトは、外構造り・庭造りの過程で中間業者を通さずにお客様と直接提案・お打ち合わせ・施工をさせていただいて、問題の無い構造を持ち、出来るだけローコストでお互いに納得のいく作品を造っていく事にあります。