HOMEよくあるQ&A植栽について > 庭木に付く害虫ってどうすればいいの?(防虫対策)
よくあるQ&A

庭木に付く害虫ってどうすればいいの?(防虫対策)

庭木にとって重要な 害虫対策は早期発見・早期駆除が大切です。5~7月と9~10月が害虫発生のピークになります。
水やり、お手入れの際に樹木の様子をそれとなく観察してもらう事によって早期発見に繋がる と思います。被害を少なくする為にしっかりとした害虫予防と虫が成長する前に駆除をする事を心掛けて下さい。
 

暑い時期は虫が活発になります。防除として梅雨に入った頃、梅雨の中ごろ、梅雨明け頃、の3回と秋9月中旬頃に1回、計4回の薬剤散布を行っていただくと良いと思います。

4回はちょっと多いなぁ難しいと思われる方は虫を発見次第でも構いません。続けていく事が大事です。

殺虫剤としては、スミチオンやディープテレックス・オルトラン水和剤 他などを散布して下さい。 毛虫を中心とした多くの害虫に効き目があります。

 

害虫は葉の裏側に付いている場合もありますので両面共にしっかり散布して下さい。

 

虫が活発に動き出すシーズン前に予防目的の散布で欠かしてはならないのは冬場。石灰硫黄合剤を撒きます。これも色々な虫を防げます。チャドクガ、ダニ、カイガラムシ、アブラムシなど。一年、虫に悩まされたと思ったら、一月に撒いてみる事をお勧めします。

 

但し新潟は木に雪が積もっているケースがあります。その場合は効果も半減し足場も不安定になりやすいので一般的な噴霧時期の一月にこだわらず雪解け後、行って頂く方が良いと思います。

 

最後に注意点

使用した噴霧器は必ず洗浄する事。

周辺への影響、高所作業を考慮して強風に注意して下さい。

葉だけでなく幹、枝にも噴く。

毛虫がいる事も想定して服装にもご注意下さい。

 

お客様に安心して管理が出来る様、”簡単な庭木の管理”と題した水やりの仕方・防虫・病気・剪定の解説書類を植栽工事後に差し上げております。合わせてご参照下さい。

ご自身で行う事が難しい場合は庭木の年間管理サービスも行っていますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

当店を3分49秒で簡単紹介

ご相談予約はこちら

外構・エクステリア工事の施工アルバム

ラーバンテックのおすすめ商品ラインナップ

ビフォーアフター

ラーバンテック情報

展示場案内

マスコミ紹介歴

ラーバンテックの 想いとこだわり

求人情報

ラーバンテック 代表取締役 福井 俊一

ラーバンテックではお客様からいただいた外構・エクステリアに関するご質問やご要望の声を真摯に受け止め、今後、外構・エクステリアのサービスに反映出来るお店にしたいと考えています。お客様からの声にお答えできた事、教えて頂いた事の一部をご紹介していますので、お庭造りや外構・エクステリアのお店選びの参考にしてい頂ければ幸いです。

詳細はこちら

施工可能エリア

携帯QRコード

英国王立園芸協会日本支部

ラーバンテックは英国王立園芸協会正会員です。

庭ブロ

タカショーが運営する庭と庭をつなぐ無料ブログポータルサイト。庭・ガーデン・エクステリアなど お庭好きの人々が、プロ・一般ユーザーを問わずに集まるコミュニティ。

リフォームガーデンクラブ

タカショーリフォームガーデンクラブは、全国の庭のプロフェッショナルネットワークです。 庭やガーデニングに関してのお悩みやご要望は何でもお聞きします。

自然浴de暮らす

TOEX自然浴商品”生活快適”提案を核に、 エクステリアリフォームの「ブランドづくり」と「専門店支援」を推進!!

ディーズガーデンクラブ



ガーデンリフォームローン