家と花と緑を引き出すエクステリアを 新潟市A様邸

28beefc2e341e21e8c570741af68e275
元々植物がお好きなA様ご家族。素敵な個性ある建物。
その土留めやフェンス、アプローチを造り変えたいとの事でご相談下さいました
お庭のお花や緑が映えるような造りとその植物たちに太陽の光が当たる事を大事にしていました。
フェンスを何にされるかご説明しながらお話をした中でアルミ鋳物フェンスを使う事に。
フェンスはブロック上に設置する事で、お庭スペースを広く使えるようになります。
強度と意匠を考え化粧ブロックの破れ積みを採用
アプローチにはレンガ門柱と天然石・レンガを組み合わせた階段を
エスビック主催の施工コンテストで日本海側初の大賞となる作品になりました
DSC02317-21
施工前の状態です。
土留めの間知ブロックは強度的に申し分ありませんが、意匠的には物足りません。
また、間知ブロックは厚みが30cmと太く、お庭スペースを圧迫します。
木製フェンスは経年変化で痛みが出て来ていました。
木製フェンスは独立基礎を使う為、更にお庭スペースを狭くしてしまうだけでなく管理が行い難かったと思います。
before
DSC02318
施工前の入り口。
幅が狭く、夜になると足元が暗く危ない状態でした。
icon1
after
544004cd814542f34aa0deed03e6fb5d
前花壇を設け、お客様でお好きなお花や緑を植えて頂くように

階段は横に振って曲線での変化を
07fee18def23b84f587b37def905612c
レンガ門柱にはウォールライトを設置してクラシカルな雰囲気に
夜も階段を照らして足元も安心
31fff6da437dc393cb188631efaad88c
素敵なお庭も鋳物フェンスで更に素敵に望めるように
before
DSC02366
側面の木製フェンスも痛み始めていたので合わせて行う事に。
icon1
after
8f2571d1dcc42f451c1ae55b98207995
こちらは間知ブロックはそのままに後側に独立基礎でのフェンスを設置する事に
間知ブロック上のコンクリートブロックは鉄筋が入っていない為、フェンスを取り付けると負担がかかり動いたり転倒の可能性があります。
蔓系植物が上る雰囲気の良いネットフェンスを採用
f26f3c8ed7ff225f34613280f0746c9b
大きな桜がシンボルのA様邸
そこにもアップライトを当てて、玄関までのアプローチを通りやすく
そして通りたい雰囲気に